国の年金と基金の年金基金に加入すると、老後の生活は
3つの年金制度によって支えられます

私たちが加入する年金制度は、わかりやすくいうと「3階建て」のしくみとなっています。
1階部分はすべての国民に共通した「国民年金」で、2階部分は民間企業などで働く人が加入する「厚生年金保険」です。この2つの年金制度は国により運営され、高齢期における所得保障の中心となります。
これに対して、3階部分が「企業年金」です。厚生年金基金は企業年金の一つに位置づけられ、よりゆとりある暮らしを送るために、国の年金を補完する役割を担います。
基金では、ばね製造関連業界で働く方々の年金や退職金の確保と福利厚生の充実のためにお手伝いさせていただきます。
国民年金(1階部分)
日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入します。65歳になると、「老齢基礎年金」が支給されます。
厚生年金保険(2階部分)
民間企業などで働く人は、「国民年金」と「厚生年金保険」に加入します。厚生年金保険への加入は、入社してから退職(もしくは70歳に達する)までとなります。65歳(生年月日に応じて60〜64歳)から「老齢厚生年金」が支給されます。
厚生年金基金(3階部分)
基金に加入する事業所で働くと、2つの国の年金制度に加えて、厚生年金基金にも加入します。基金の給付は、厚生年金をベースとした「代行部分」と基金が上積みした「加算部分」に分かれており、加入年数に応じて給付内容が変わってきます。
※3階部分の年金制度は、厚生年金基金のほかに、確定拠出年金、確定給付企業年金、共済年金職域部分などがあります。
図版