基金のメリット基金加入によって、事業主、加入員の双方に
メリットがあります

厚生年金基金では、国よりも手厚い給付を行い、加入員の老後の生活保障の充実を図ります。
事業主の皆さまにとっては、事前に退職金の準備ができる、税制上の優遇措置を受けることができるなど、さまざまな特典があります。
ばね業界にとってのメリット
1.スケールメリットを活かした制度設計
多くの企業が共同して参画することによるスケールメリットを活かして、ばね業界で働く従業員に対して、業界共通の上乗せ年金を支給することができます。
2.ばね業界の活性化
当基金は、ばね業界を設立母体とした企業年金です。基金の事業運営を通じて業界の結束力の強化が図れるほか、ばね業界全体のイメージアップを図ることができます。
事業主にとってのメリット
1.従業員の老後の安心を保証
従業員に対して、国の年金よりも手厚い年金が保証できます。事業主の皆さまにもご加入いただけます。
※中退共(中小企業退職金共済)では、事業主の加入はできません。
2.税制上の優遇措置
基金に対して事業主が拠出する掛金負担は「社会保険料」として全額損金算入扱いとされますので、租税負担の軽減を図ることができます。また、基金の積立金は実質非課税ですので、他の企業年金より税制面で有利です。
※確定拠出年金、確定給付企業年金には、積立金に1.173%の特別法人税がかかります(ただし、平成23年度までは課税を凍結)。
3.退職金負担の平準化
基金独自の上乗せ給付である加算部分(選択一時金、退職金一時金の相当額)の給付額を企業の退職金の一部とみなし、退職金の内枠とすることもできますので、将来増大する退職金の企業負担の平準化を図ることができます。
※このとき、退職金から控除する旨を退職金規程に明記することが必要です。
4.企業のイメージアップ
基金に加入することによって従業員の老後の不安をとりのぞき、雇用の安定と士気の高揚が期待できるとともに、企業のイメージアップにもつながり、優秀な人材の確保および社会的信用の向上が図れます。
従業員にとってのメリット
1.負担が変わらずに手厚い給付
従業員の皆さまの掛金負担は同額で、国の年金よりも手厚い年金が終身にわたり受給できます。
※基金の上乗せ給付にかかる掛金は、全額事業主の皆さまが負担しています。
2.ゆるやかな受給要件
基本部分の年金は、1ヵ月以上の加入期間があれば、将来、年金受給の時期がきたときに加入期間に見合った年金を受けることができます。
※国の年金を受けるには、原則25年以上の加入期間が必要です。
3.万一のときの保障
「加入期間3年以上の加入員」や「加入期間15年以上で年金受給前の方」、あるいは「加算年金受給の方が10年以内」に死亡したときは、ご遺族に一時金が支給されます。
4.長寿時代に的確な情報が受けられる
年金生活設計セミナーへの無料参加や機関誌の配布等を通じて、長寿時代の生き方情報など、きめ細かなサービスが受けられます。