日本ばね工業厚生年金基金の概要

厚生年金基金は、企業や業界を母体とし、厚生労働大臣の認可を得て設立される特別な公法人で、企業年金制度の一つに位置づけられます。
日本ばね工業厚生年金基金は、社団法人日本ばね工業会を設立母体とし、全国のばね業界の企業・事業所のご理解とご協力をもとに運営され、現在に至っています。

正式名称 日本ばね工業厚生年金基金
所在地 東京都千代田区鍛冶町 1-9-9 石川LKビル8階
TEL.03-3252-3996(代表)
FAX.03-3252-3998
設立年月日 昭和 43年8月1日(東基第389号)
設立母体 一般社団法人日本ばね工業会
設立事業所の範囲 日本国内に所在する次の業種の厚生年金保険適用事業所
(1)ばねの製造および販売を主たる業とする事業所
(2)上に掲げた事業もしくは事業所に関して組織される団体もしくは法人の事務所
設立形態 総合型
給付形態 加算型(昭和 60年4月1日に代行型から移行)
業務委託形態 IA型(平成8年8月1日よりIB型から移行)
掛金率
標準掛金 37/1000、特別掛金 25/1000 、事務費掛金 2/1000
合計 64/1000  ※平成27年4月分より変更
事業規模 *平成 27年3月末現在
事業所数 215
加入員数 13,796人
年金受給者数 10,555人
年金資産額  691億円
組織・運営等 代議員 30人(うち理事 14人、監事 2人)
学識経験顧問 1人
基金財政運営検討委員会(6名、代議員会の指名)
事務局(職員数 6名)
運用委託機関 信託銀行 1行(総幹事会社:三菱 UFJ 信託銀行)
投資顧問会社 4社
生命保険会社 3社
福祉施設事業 死亡弔慰金の支給、広報誌の発行(ニュースレター:毎月、ばね基金だより:年 2回、受給者だより:年1回)
※年金生活設計セミナーと写真コンクールは平成27年度から中止となりました。